免疫力を高めることでアトピーを改善する|自分で出来ること

複数のサプリ

皮膚炎の治療と改善

手を広げる女性

皮膚炎のかゆみを抑える

アトピーは主に夜中に寝ている間や、体が温まってくると強いかゆみを伴いやすい場合があります。他にもお風呂に入っている時や、汗をかいたりした場合にアトピーの症状が悪化してしまう事もあるのです。アトピーの皮膚炎症状を悪化させてしまうひとつの理由としては患部を掻きむしる事です。掻きむしってしまうと皮膚の炎症状態が悪化しさらに強い炎症を引き起こしてしまう事もあります。またアトピー患部の皮膚部分がはがれ、爪の中に入り込むなどして他の部分に付着し、アトピーの範囲が拡大してしまう恐れもあるのです。そのためできるだけ掻きむしらない事が理想的ですが、どうしてもかゆい時には炎症部分を保冷剤などで冷やすと症状が治まる事があります。かなり強いかゆみの場合でも患部の温度を冷やすことでかゆみを一時的に和らげる事ができる場合もあります。

治療を有効的にするために

しかしどうしてもかゆみが持続してしまう場合には、やはり医師の診断の元、有効的な治療薬を活用して治療を続け、かゆみを少しずつ抑えてゆく必要があります。アトピーの炎症を抑えるために活用されている薬としては主にステロイド成分が配合されている治療薬があります。ステロイド剤はアトピーの強いかゆみによる炎症を抑える成分が配合されている軟膏です。成分が皮膚の表面から体内に浸透し、皮膚の炎症を抑える働きをして患部の炎症やかゆみを鎮めることができます。医師の治療では、患部の範囲や炎症の程度によって適切な薬が処方されます。患部の炎症の規模は小さくとも、かゆみが強い場合にはやや効き目の強い薬が処方される事もあります。毎日継続的に治療を続ける事で皮膚炎を鎮静させ、徐々に規模を小さくしてゆく事が可能になります。また、忙しくて病院にかかることが出来ないという方は、健康食品やサプリメントによる改善も可能です。例を挙げると、レモンなどに含まれるビタミンCはアレルギー症状の抑制効果があると言われています。そのため、ビタミンCを凝縮したサプリを利用することでアトピーの症状も軽減するでしょう。他にも、乳酸菌やDHAなどの成分がアトピーには効果的だということがわかっています。