免疫力を高めることでアトピーを改善する|自分で出来ること

複数のサプリ

皮膚炎の症状と治療法

フラワー

アトピーは、正式には「アトピー性皮膚炎」といいます。文字の通り、皮膚が炎症を起こした状態です。発症する原因は解明されていませんが、遺伝的な要因や、環境に要因があるのではないかといわれています。アトピーは多くの場合、子供のうちに発症します。幼児期には関節を中心に膿んだような状態になることが多いです。中学生になるころには、膿みが乾き、皮膚がカサカサの状態になります。また、冬季は乾燥しやすいため、皮膚の表面が粉を吹いたような状態となり、同時にかゆみと痛みが激しくなることもあります。「かゆみ」「皮膚の発疹」「慢性的であること、反復性があること」の条件が全て当てはまる場合に、アトピーであると診断されます。

アトピーはその原因がはっきりとしていないため、治療方法も確立していません。現在は主にステロイド外用薬を使用して症状を抑え、患部に触れないようにすることで悪化を防ぐしかありません。しかしステロイドは強い薬であり、多用すれば皮膚が変形や変色することもあるため、常用することは勧められません。ステロイド外用薬の強さを徐々に弱いものにしていき、生活の中で慣れていくしかないのです。また、一方で環境も要因であると考えられているため、なるべく清潔に過ごすことや睡眠を十分にとること、油分の多いものを食べないなど、生活習慣を改善させていくことも有効であると考えられています。いずれにしろ、決定的な薬がない現状ではアトピー患者は辛い生活を送らざるを得なければなりません。早期に有効な薬が作られることが期待されます。