今年はお歳暮を贈ろう!知っておきたい常識とは

時期や相場をチェック!お歳暮のマナーを押さえよう

今年はお歳暮を贈ろう!知っておきたい常識とは

贈り物

お歳暮を贈るタイミング

お歳暮を贈る際のマナー

以前は、贈る相手の自宅に訪問してお届けすることが主流でしたが、
現代社会は多忙なことと、インターネットの普及等に伴って宅配でお届けすることも
一般的になっています。
流石に、直接現金を贈るのは失礼に当たりますが、それに変わるギフト券や商品券であれば
最近は認められており、喜ばれるケースも増えています。

相手によって異なるお歳暮の金額

お歳暮に使う金額は、だいたい3千円から五千円の間の相場となっています。
相手によって金額を変える必要は特にありません。
ただし、贈る相手が同じ環境に複数いる場合には差異を儲けるほうが良い場合があります。
例えば、職場の上司と先輩にそれぞれ贈る必要がある場合には有効な手段になります。
当然、上司のほうがより先輩よりグレードに差をつけるのが一般的です。

お歳暮とお年賀の違い

お歳暮とは

お歳暮とは年末の時期に贈るのですが、その相手は会社の上司や取引先の人となります。
また、恩師や仲人に贈る場合もありますが、基本的には外部の人に対しての意味が強いです。

お年賀とは

新年のあいさつ回りですが、会社の上司の場合もありますが直接の上司というより、役職の大きな人または
家族の場合であれば義父・義母に対しての挨拶の意味あい強い傾向にあります。